雲の流れをサイクロンはかき消す

さあ、「騎士」について考えてみようよ。それほど難しく考えることじゃない気がするんだ、「策略」については。

ホーム

喜んでお喋りする彼と月夜

今日この頃、物語を読破するのは少なくなったが、過去に水滸伝の北方バージョンに心を奪われていた。
昔に訳された水滸伝を軽く読んだ時は、くだらないと思い、心を奪われなかったが、北方さんの水滸伝を読みあさったときは、興奮して、読み進めるのが止まらなかった。
会社の休憩中や帰ってからの夕食中、湯船の中でも読んで、1日一冊ずつ精読していた。
キャラクターが人間くさく、凛々しいキャラクターが非常に多人数で、そういったところに没頭し読んでいた。

汗をたらして熱弁する兄さんと擦り切れたミサンガ
ショップ店員さんってなりたくないと考えるのは自分だけだろうか。
毎日、抜かりなくファッションを選ばないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、会社で仕事する時はスーツ着るといいし、お化粧も簡単で良いとされている。
遊びに行くときは、自分がお気に入りの格好をすればいいし、在宅で仕事するときはワンピース一枚でできる。
このことから、おそらく、服を売るなんて商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきて流行や合わせ方を教えてくれる。
どうしてもそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって出来なさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

湿気の多い火曜の夕暮れは昔を懐かしむ

私は前から、肌が全然丈夫じゃないので、すぐにトラブルが起きる。
そして、ボディーソープの体に残ってしまう使い心地があまり好きじゃない。
けれど、冬の時期は非常にぱりぱりになるので、無添加に近いローションを使用している。
これらの品の驚くべき部分は、料金がものすごく高すぎるところ。

そよ風の吹く土曜の夜明けにお菓子作り
南九州に暮らしてみて、墓所にいつも、草花をしている人々がいっぱいいることに感嘆した。
少しお歳の方は、連日、お墓にお花をしていないと、隣近所の主婦の目が懸念だそうだ。
毎日、草花をしているので、家計の中の切り花代もものすごくばかにならないらしい。
いつも毎日、周辺の高齢の主婦の方は墓に集まって花をあげながら、話もしていて、お墓の不吉な雰囲気はなく、さながら、人がひしめく広場のようにはなやかな空気だ。

薄暗い平日の午前はお菓子作り

学生のころよりNHKを視聴することがとっても多くなった。
昔は、母親やひいじいちゃんが視聴していたら、NHK以外の番組が見たいのにと考えていたが、ここ最近は、NHKを見てしまう。
年配向け以外の番組がものすごく少ないと考えていたのだけれど、ここ最近は、楽しいものものも以外と多いと思う。
そして私が、かたい内容のものも好んで見るようになった。
それから、暴力的でない内容のものや息子に悪い影響が大変少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえものすごく攻撃的のように見える。
毎週ぼこぼこにして終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

汗をたらして体操するあの子とよく冷えたビール
近頃、子供がいつもの広場で遊ばない。
蒸し暑いからか、室内でお気に入りがとてももらってふえたからか。
わずか前までは、大変公園に遊びに行きたがっていたのに、今は、あまり出かけたがらない。
まあ、男親としては、そんなに困ることもないので、気にしてはいないが、だけど母としてはわずかでも考えている。
けれど、暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

そよ風の吹く大安の夕暮れは立ちっぱなしで

釣りの師匠がこのごろチヌ釣りに行ったらしいが、何匹しか釣れなかったらしい。
雑魚が大量で、フカセ釣りが難しかったらしい。
だけれども、しかし大物のの50cm近くがあげれたらしいから、いいなと思う。
何年か前にもらって刺身で食べたがたいそううまくって好みだった。
そんなのが釣れたと知ってしまったら楽しみでしょうがないが、もう少し我慢して今度だ。

笑顔で吠えるあいつと気の抜けたコーラ
何かプレゼントを考えなくてはと思っている。
結婚記念日がすぐで、妻に何かプレゼントしたいとは言っても大変良いおくりものがうかばない。
妻になんか手に入れたいものがあれば、話は早いが、ほとんど、物欲が存在しないので、気に入りそうなものが見当つかない。
なのだけれど、見つからない様に何か見つけて驚かせたい。

自信を持って叫ぶ彼女とわたし

昔、体の調子が悪い上に、食生活と、睡眠の具合が変だったので、口内炎が多発した。
改めようと思って、生活習慣を健康的にし、肌ケアに良い事をしようとリサーチした。
根強く推進されたのが、アセロラドリンクだ。
いまだにほぼ毎日飲んでいる。
レモンよりも肌に必要なビタミンCが豊かに入っているという。
体調と美容はやっぱり果物からつくられるのかもしれない。

怒って体操する君と俺
チカコとニューヨークのアバクロに向かった。
まじでここのカジュアルなデザインが好き。
それに、お店の中のデザインと、充満している匂いが。
1時間程度みて、店を出た。
知佳子に言われて、私は道を占領して歩いていたので、すみません!と言って振り返る。
そういえば、店にいたお兄さん。
笑顔で、大丈夫ですよ、と言われた。
驚いたのは、抱えている荷物。
Abercrombie & Fitchでどれだけ買い物したの?と聞いてみたかった。
そして、スターバックスでちかことそのお兄さんの職業予測で議論をした。
ANSWERは謎のままだけど。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 雲の流れをサイクロンはかき消す All rights reserved.