雲の流れをサイクロンはかき消す

たとえば、何もわからないエイリアンに「欲求」のことを説明するなら、どんなふうに言う?「兄ちゃん」の雰囲気とか、いや、そもそも世界や日本についての説明から始めるかもしれないね。

ホーム

気分良く口笛を吹く父さんと公園の噴水

暑い季節はビールが大変うまいけれど、最近少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日に残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時はたいそうあこがれ、行くことがめっちゃ楽しみだったけれど、会社の関係で嫌というほど行って、自分の心の中では、現在、印象が悪い。
そうだけれども、取引先との付き合いの関係でものすごく久しぶりにビアガーデンに行った。
とっても久しぶりにうまかったのだけど、調子にのってものすごくビールを飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

暑い仏滅の夕方に立ちっぱなしで
普段より、残業や家事に追われて、ほとんど空いた時間がない。
少しばかり時間が手に入っても、だいたい次やるべき仕事の予定など、今後の期限が頭の隅にある。
そんな状況で、丸一日など時間ができると、とても喜んでしまう。
では、この少しだけオフを何に費やそうかと。
最終的には毎回、あれも、これしたい、という希望のみが重なり、全部は達成できない。
その上、私はマイペースなので、考えているうちに時は経過。
時は金なり、なんて本当に明瞭だと思う。

曇っている日曜の午前に熱燗を

ここ最近は、海に釣りに出かけていない。
日々、大変忙しくて疲れていて出かけられないのもあるが、しかし、とても日差しが強いから、出かけづらいのもある。
加えて、帰り道に釣り場を眺めても魚をあげている様子が全くないから、どうしても行きたいとは思わない。
めちゃめちゃいっぱいあがっていたら我慢できずに行きたくなると思う。

汗をたらして走る父さんと草原
何年か前、まだ20歳の時、同級生と3人でお隣の国の釜山に観光に出かけた。
初めての国外で、ホテルに短期の宿泊だった。
繁華街をずっと観光して、はしゃいでいたけれど、しだいに道に迷った。
日本語は、全然通じないし、韓国語も少しも通じない。
困っていると、韓国の男性が完璧な日本語で道を話してくれた。
少し前に大阪に留学して日本文化の学習をしたらしい。
それで、安全に、順調な旅を続けることが可能になった。
最終日、駅で道を説明してくれたその人に縁があって再会した。
「またきてください」と言ってくれたので、私はこの国が好きになった。
いつも行ける時には韓国観光が恒例だ。

無我夢中で体操する父さんと冷たい雨

ブームが去った今、ニンテンドーDSに夢中になっている。
はじめは、TOEIC対策に英語漬けやターゲットのソフトを使用していただけであった。
しかし、ヨドバシでゲームソフトを選んでいたら他の物に目移りしてしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
トモダチコレクションやクロスワード、桃太郎電鉄など。
旅行に役立つ、旅の指さし会話帳もヒットしている。
DSは、移動中などのちょっとした時間にも有効活用できそうだ。

どしゃ降りの木曜の朝は料理を
見るためにたいそうたんまり距離を歩く動物園は、7月はものすごく暑すぎて汗がでる。
友人夫婦とお子さんと私の家族とそろって出向いたが、大変蒸し暑くてつらかった。
大変暑すぎるので、動物もたいてい歩いていないしし、奥の影に姿を潜めていたりで、ほとんど観察出来なかった。
次は、水族館などが暑い季節はいいかもしれない。
娘が大きくなったら夜間の動物園や水族館もおもしろそうだ。

どんよりした仏滅の晩は微笑んで

鹿児島の高齢の女の人は、いつも、弔花をお墓になさっているから、ゆえに、お花が一杯必要で、草花農家もわんさかいる。
夜半、原付で爆走していると、電照菊のライトがしょっちゅう夜半、原付で爆走していると、電照菊のライトがしょっちゅう目につく。
人家の明かりは大変少ない農村なのだけれど、菊の栽培ライトはすぐ視認できる。
菊の栽培ライトはすぐ視認できても人通りはすごくちょっとで街灯の明かりもめっちゃ少なく、物騒なので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている子ばかりだ。

凍えそうな火曜の午後に昔を懐かしむ
このところまで完全に知らなかったが、水について大丈夫なオムツなるものが販売されていた。
都会では、水遊び用オムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があり、場所によって違うらしい。
もちろん、赤の他人からは、プール用でも大便など入っているオムツで同じところに入られたら、それはそれはいやだろう。
なのだけれど、親だったら、入れてあげたいという気持ちもある。
そうは言っても、逆の立場だとしたらとってもいやだ。

雹が降った火曜の夕方は昔を思い出す

常にEくんから送られるメールの中身は、一体何のことを語りたいのかまったく分からない。
酔っててもシラフでもよく分からない。
だけど、Eくんが仕事で考えたという、商品とおすすめについての文章を見た。
まともな日本語を書くことが出来るんだ!と驚いてしまった。

じめじめした火曜の昼に食事を
やりたくはなかったけれど、運動くらいちょっとはしなくてはとこのところ思った。
働く内容が変わってから、このごろ、体を動かす機会がとても減り、体脂肪が大変上がった。
それから、年もあるかもしれないけれど、お腹周りに脂肪が増えてきて、非常にみっともない。
ちょっとは、努力しないといけない。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 雲の流れをサイクロンはかき消す All rights reserved.